2006年03月25日

タイガースショップ横濱店

studium0322-03.jpgベイスターズ戦@スタジアムの前に、当日オープンした『タイガースショップ横濱店』に行ってきました。

場所を説明すると、JR関内駅北口からだと、am/pmのある交差点を左折してひたすら真っ直ぐ(大きい通りも通り越す)行って、やはりam/pmがある十字路を通り越したすぐ左。

地下鉄・関内駅からは、1番出口から左に進み、最初の信号で右。
直進して、am/pmのある十字路を通り越したすぐ左。

ボクは、大学時代の前半にこの付近にあったコンビニでバイトしてたので、住所で大体の場所が分かっていて見つけられましたが、そうでないとちょっと見つけ難いかもしれません。
周りにヤクザの事務所とか水商売の店が多いので、多少危険な場所ではありますたらーっ(汗)
ショップは雑居ビルの2階で、梅田阪神のショップほどではないですが、新宿・京王百貨店のショップよりは品揃えが多いです。
ちなみにボクは、矢野のユニフォーム型ケータイ液晶クリーナーを買いました有料

このショップの存在で、スタジアムの阪神戦に行く阪神ファンは増えそうですねるんるん
posted by ジュラーイ at 03:11| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

今シーズン初観戦

遅蒔きながら、祝WBC優勝ぴかぴか(新しい)
詳しい内容はあまりに旬を過ぎてしまったので控えますが、小泉総理の言う通り、日本シリーズの緊張感+高校野球のひたむきさが重なり合ったような感じで、特に準決勝、決勝は日本国内で異常な盛り上がりを見せましたね右斜め上
決勝戦の瞬間最大視聴率は約56%だったらしいですが、ここまで行くと野球の好き嫌い問わず観られる状況なのに観てなかった人は変人と言えるでしょう。
次回の大会も期待したいところですが、制度的な欠陥は否めないので修正して欲しいですね。

studium0322-02.jpgさて、今シーズン初めて球場に足を運びました。
スタジアムのベイスターズ対タイガース戦です。
オール自由席なので、同じ料金なら野球ファンとしてはバックネット裏に陣取りたいところでしたが、試合開始後に入場したので、バックネット裏の観やすそうな位置は当然ぎっしりでしたふらふら
なので、普段あえて座らないor座れないような所から観てみました。

内野のネットが無くなってからは、この位置での観戦は初めてですが、ピッチャー中心で観るなら良い席でするんるん
何が良いかと言うと、バッテリー間をほとんど真横から観る形になるので、直球の走りと落ちる系の球がよく見えるのですexclamation
ネットがある頃は敬遠してた位置ですが、なくなった今はいいかもしれません。

逆に、そういうことよりも応援重視、あるいはまったり観戦な感じだと、ライナーのファールボールが飛んで来ることが多いので向いていません。
ボクは全体の守備陣形も観たいし、ピッチャーの球も観たいし、応援もしたいし、まったり観戦的な意味もあったりする欲張りな人間なので、やはり内野の上段がいいです黒ハート

studium0322-01.jpgこの試合のスタメンは、タイガースは「これが開幕オーダーかな?」という感じでDHも採用しない実戦的なオーダーでしたが、ベイスターズはWBC代表の多村、金城、相川の主力がいないこともあって、野手重視のDH制でした。

寒さと途中から降ってきた雨の影響で最後まで観てませんが、この試合投手陣は全員いい働きをしたと思います。
先発の江草は、ローテ当確かなわーい(嬉しい顔)

野手では赤星の好調さが目立ちました。
アンディーは同点タイムリーは打ったものの、その前2打席がゲッツーだから、あまり褒められたものではありません。
もっと流し打ちの技術を活かしたバッティングはできないもんでしょうか。
江草の送りバント失敗もあったり、やはりチャンスを作る過程は課題ですね。

開幕は恐らく今日のオーダーで迎えるでしょう。
檜山は、第一候補・濱中、第二候補・林威助を抑えて、実力でスタメン・ライトに名を連ねそうですグッド(上向き矢印)
でも、勝負強い矢野くんを8番に置くと、敬遠されてピッチャーで勝負されてしまうので、できれば7番・矢野、8番・鳥谷の方がいいような気が…。
そうすれば、2番の藤本から左→右→左→右→左→右→左というジグザク打線が出来上がり、相手チームが対応しにくくなりますし。

投手陣の方は、スターター(先発)は井川、安藤、下柳、杉山、江草が確定で、オクスプリング、福原、ダーウィンで谷間の先発を争ってる感じでしょうか。
セットアッパー(中継ぎ)は球児、能見、相木、吉野、桟原、クローザー(抑え)に久保田という感じになりそうですね。

オープン戦も、選手の調子を見たり、開幕オーダーを自分なりに予測したりで、楽しいですねるんるん
posted by ジュラーイ at 23:59| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

祝!決勝進出★

やってくれましたね〜、日本代表ぴかぴか(新しい)
仕事で全く見られないかと思っていたところ、マンションでの仕事で午後は20数軒のお宅にお邪魔したのですが、その8割以上がWBC日韓戦を観戦していたので、断片的にではありますが試合を観戦できましたるんるん
「普段スポーツはあんまり見ないんだけど、これだけは…」なんていう人も何人かいたり、関心の高さを伺わせたと同時に、その恩恵に授かりましたわーい(嬉しい顔)

やはりサッカー同様、国際試合は必然的にナショナリティーが高まるので、国民の関心が高いです。
サッカーの代表戦でも視聴率20%を切ることは稀ですが、より人気のある野球の国際試合の視聴率は計り知れません。
選手側からはメジャーリーグへの売り込みの場となるし、観る側も国内、メジャー共々関心が高まるので、この大会の意義はやはり大きいと思います。
それだけに、開催時期、ルール、審判の問題はじっくりと煮詰める必要があるでしょう。
次はもっといい大会にして欲しいです。

今はとにかく、キューバに勝って初代・世界一になって欲しいですぴかぴか(新しい)
posted by ジュラーイ at 02:45| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

奇跡☆

奇跡が起きましたぴかぴか(新しい)
もちろんWBCのアメリカ対メキシコのことですexclamation×2
日本が準決勝に進出するには、アメリカが2失点以上で負けることが条件で、万に一つにもないだろうと思われていましたが、絵に描いたように2失点で敗れました。
しかも、日米戦で“歴史的誤審”をしたデービッドソン審判の再度の誤審を跳ね除けてのメキシコの勝利パンチ
誰が見てもポール直撃のホームランで、ボールにポールの黄色い塗料が付いていたにも関わらず、フェンス直撃の打球だったとの判定で二塁打。
球場でそう思ったのは彼一人だと言える程、明らかな誤審。
かなりお歳のようで、もうろくしてるとしか思えませんたらーっ(汗)

デービッドソン審判は、メジャー当時は98年にカブスのサミー・ソーサと本塁打争いをしていたカージナルスのマーク・マグワイアの66号アーチと思われた打球を、二塁打と判定して、全米から「史上最低の審判」と猛バッシングを受けた“前科”もあるそうで、そもそも問題の審判。
千葉ロッテのバレンタイン監督も、かなり激しく批判する人物です。
それ以前に、国際試合で対戦当事国の人間が審判をすること自体、アンビリーバボーです。
サッカーではあり得ません。

そんな妙なことが起きたのは、そもそもがアメリカ主導の大会だからです。
確かに、オリンピック種目からも外されてしまった野球を世界にアピールする意義はありますが、それが一国主導ではどうしても歪みが出ます。
審判の問題もそうですが、妙な球数制限もその表れです。
大会開催の時期的な問題がそうさせているのですが、それなら開催時期の検討こそ最重要課題です。
サッカーではワールドカップの開催期間は、国内のリーグ戦を中断しなければいけません。
国際大会を開くのなら、野球もそうするべきです。
そうでないと、ベストな選手は集まらないし、ベストなパフォーマンスも期待できません。
選手のオフが短くなったり、ケガが増えたりもするでしょう。
だから、制限は球数ではなく、試合数や開催時期でするものなのです。

それにしても、アメリカは不甲斐なかったですねバッド(下向き矢印)
制度も審判も味方に付けながらの敗退は、マヌケ以外の何者でもありません。
自国が絶対に一番だという、完全なる驕りです。
しかも、アメリカが勝てないからといって、WBCそのものをやめようという案まであるというから閉口です。
自分勝手にも程がありますちっ(怒った顔)

にしても、韓国に3連敗するわけにはいきませんexclamation×2
モチベーションやナショナリズムの面で韓国に気圧されてる感じがありますが、今度こそ実力を見せつけて欲しいですパンチ
posted by ジュラーイ at 05:15| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。