2006年06月18日

スコアレスドロー(-_-;)

クロアチア戦、引分けで終れたのは、オーストラリア戦に続くGK川口能活の神懸り的セーブとツキですね。
特にPKを防いだシーンは、神に見えましたねぴかぴか(新しい)
それ以外の決定機も、川口が防いだり相手が外したりと、日本はツいてたと思います。

ディフェンス面では、ボランチに入ったナカタが前に出すぎる分、もう1人のボランチ・福西がそのスペースを埋めるために苦労してたのか、やや精彩を欠いた感じでした。
それと、よく言われていることですが、4バックにすると宮本は「フツーのDF」になりますね。
試合後の川口のインタビューでも「佑ニ(中沢)を中心に、よく頑張ってくれました」とコメントしている通り、宮本は3バックだと抜群の統率力とカバーリングを発揮しますが、4バックだとイマイチ機能しないDFなのです。
それは所属のガンバ大阪でも証明されていて、レギュラーを外されたりしています。

センターバックとしては、現代表は宮本、中沢、坪井、茂庭を選出していますが、3-5-2前提のチームとしてはそもそも頭数が不足しています。
監督との確執で1年前から代表を外れているマリノスの松田は、DFとして全ての能力を持つ選手(1対1に強くカバーリングにも優れ、リーダーシップもある上に高さにも強い)で、ナカタも執拗に彼を代表に呼ぶように働きかけたようですが、呼ばなかったことが裏目に出ている感じです…。

FWは高原と柳沢の2トップでしたが、まずボールタッチが少なすぎました。
ポストプレーもほとんどさせてもらえませんでしたねバッド(下向き矢印)
両サイド、特に右の加治はよかったと思います。
もう少し効果的に彼を使いたかったかなぁふらふら

とにかく、これでブラジルに勝利するしかなくなりました。
オーストラリア戦の結果しだいでは、2戦級メンバーでくる可能性もあるので、何とか勝って下さいexclamation×2

ガンバレ、ニッポンパンチ
posted by ジュラーイ at 23:59| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

負けた〜。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

日本代表、なんと負けてしまいましたがく〜(落胆した顔)
現実的には1勝1敗1分が目標の中、その1勝ができそうな相手に、後半約40分までリードしていながら。

敗因は、やはり後半の攻勢の時に追加点を取れなかったことでしょうか。
前半は、ハッキリ言ってオーストラリアペースでした。
ロングボールをトップのビドゥカに放り込んで来るかと思ったら、日本のように速いパスワークで攻めて来て、前半は全くお株を奪われたサッカーをされていました。
そんな中、俊輔のクロスがラッキーな形でゴールへるんるん
相手GKの前に敵味方4人が重なって、GKがジャンプできなかったのですねあせあせ(飛び散る汗)
苦しい流れの中、先制点が取れたのはよかったのですが、攻めの中で明らかに機能していない選手が1人いました。
FW柳沢です。
コンディションが悪いのは始めから分かっていましたが、ディフェンスラインの裏も取れないし、ポストプレーもこなせないし、FW高原や中盤とのコンビネーションも合っていませんでした。
ボクは前半のうちから、「これは代えた方がいいな」と思っていましたが、代えたのは後半30分を過ぎてから。
後半は日本の時間帯がかなりあったので、柳沢を引っ張ったのは響きましたねふらふら

逆にオーストラリアは、後半開始早々に出てきた4番のカーヒルが2得点1アシスト。
後半30分に出てきた15番アロイージが1得点1アシストで、交代で出てきた2人に試合を持って行かれた=采配の差が出たと言わざるを得ないでしょう。
GKの川口が再三に渡る好セーブをしたのに、3失点。
1-0のまま終わったら、MVPはGKの川口だったでしょう。
それほど、今日の彼は神懸り的によかったです。

にも関わらず負けたということは、完敗ですよもうやだ〜(悲しい顔)
決定機はオーストラリアの方が多かったです。
結果でも、内容でも負けました。
ヒディンク監督、恐るべしexclamation×2

でも、舞台はワールドカップexclamation
日本国民の思いに加え、予選で敗退した国々(選手、国民)の思いを背負っている上に、次回大会のアジア枠の増減にも影響する戦いが続きますexclamation
日本代表は、クロアチア戦の勝利+ブラジル戦の引分け以上の結果が義務付けられた形になりました。
まだまだ可能性はあると思いますexclamation×2

ガンバレ、日本exclamation×2
posted by ジュラーイ at 23:59| ☔| Comment(7) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

横浜開港祭

6月2日は『開港記念日』で、我が横浜では毎年6月1日〜2日にかけて開港祭が行われます。
横浜市立の学校等は、6月2日は休みとなります。
同じ公立高校でも、「横浜市立」だと休み、「神奈川県立」だと休みではありませんあせあせ(飛び散る汗)
しかも、「神奈川県民の日」のようなものもない(あったとしても、休みではない)ので、ちょっと不公平ですあせあせ(飛び散る汗)
その辺も、横浜市民の「神奈川県民」意識が弱い原因でしょうかexclamation&question

kaikousai01.jpgともあれ、開港祭のイベントの一環として、神奈川新聞、TVKテレビ(テレビ神奈川)、FMヨコハマの3つのチャンネルで、この日の「横浜ベイスターズvs北海道日本ハムファイターズ」のチケットプレゼントを実施していたのですが、ボクは全てに応募して、見事「神奈川新聞」と「TVK」で当選ぴかぴか(新しい)
バックネット裏2枚と1塁側B指定席2枚だったのですが、前者は「母の日」のプレゼントとして母にあげて、ボクは後者で観戦しました。

試合前にベイスターズ・石井琢朗選手の2,000本安打達成及び名球会入りのセレモニーがあったり、中田・横浜市長の始球式(これが見事でしたexclamation)がありました。
ちなみに、中田市長は大都市の市長ながら、若く、市民に非常に慕われています黒ハート

この試合はタイガース戦ではないので、一応地元のベイスターズ≧日ハムという感じの意識だったのですが、やはり今シーズン限りでの引退を表明した、元タイガースの新庄中心に見ちゃいましたねるんるん
そのプリンス新庄、守備練習からスタンドを沸かせていましたグッド(上向き矢印)

試合内容ですが、稀に見る空中戦で、両チーム合わせて9本のホームランが飛び出しましたどんっ(衝撃)
日ハム・森本の先頭打者ホームランに始まり、ベイスターズ・吉村と多村が2本ずつ、日ハム・セギノール、SHINJOが1本ずつ打てば、ベイスターズ・佐伯、小田嶋も1本ずつ。
小田嶋のはライトスタンドのベイスターズファンが手を伸ばして捕った、インチキホームランでしたが、SHINJOのレフトポールに当たるホームランが見られてよかったですぴかぴか(新しい)

個人的に目に付いたのは、ベイスターズ・吉村の長打力と、日ハムの内野守備のまずさです。
昨今のベイスターズは、優勝時の「ピストル打線」ではなく、長打力のあるバッターが多いので、タイガースとしては一発に注意ですね。
日ハムは、DHなしの時に1塁にセギノールを入れることでの内野守備力の著しい低下が見られますね。
ただし、森本、SHINJO、稲葉の外野は鉄壁で、12球団でも3本の指に入ります。

kaikousai02.jpg開港祭のフィナーレを飾る花火が、横浜スタジアムからも一部見えましたわーい(嬉しい顔)
1塁側からだと、ライト後方なので少し見難かったのですが、バックネット裏で見ていた母と妹はよく見えたようです。
せっかくなので、スタジアムの試合をハッキリ開港祭の一部と位置付け、試合と花火を連動させると、理想的ですねぴかぴか(新しい)

でも、ホームラン9本とリアルの花火のコラボは、十分な迫力を持っていましたパンチ
posted by ジュラーイ at 23:59| 🌁| Comment(9) | TrackBack(2) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。