2006年06月18日

スコアレスドロー(-_-;)

クロアチア戦、引分けで終れたのは、オーストラリア戦に続くGK川口能活の神懸り的セーブとツキですね。
特にPKを防いだシーンは、神に見えましたねぴかぴか(新しい)
それ以外の決定機も、川口が防いだり相手が外したりと、日本はツいてたと思います。

ディフェンス面では、ボランチに入ったナカタが前に出すぎる分、もう1人のボランチ・福西がそのスペースを埋めるために苦労してたのか、やや精彩を欠いた感じでした。
それと、よく言われていることですが、4バックにすると宮本は「フツーのDF」になりますね。
試合後の川口のインタビューでも「佑ニ(中沢)を中心に、よく頑張ってくれました」とコメントしている通り、宮本は3バックだと抜群の統率力とカバーリングを発揮しますが、4バックだとイマイチ機能しないDFなのです。
それは所属のガンバ大阪でも証明されていて、レギュラーを外されたりしています。

センターバックとしては、現代表は宮本、中沢、坪井、茂庭を選出していますが、3-5-2前提のチームとしてはそもそも頭数が不足しています。
監督との確執で1年前から代表を外れているマリノスの松田は、DFとして全ての能力を持つ選手(1対1に強くカバーリングにも優れ、リーダーシップもある上に高さにも強い)で、ナカタも執拗に彼を代表に呼ぶように働きかけたようですが、呼ばなかったことが裏目に出ている感じです…。

FWは高原と柳沢の2トップでしたが、まずボールタッチが少なすぎました。
ポストプレーもほとんどさせてもらえませんでしたねバッド(下向き矢印)
両サイド、特に右の加治はよかったと思います。
もう少し効果的に彼を使いたかったかなぁふらふら

とにかく、これでブラジルに勝利するしかなくなりました。
オーストラリア戦の結果しだいでは、2戦級メンバーでくる可能性もあるので、何とか勝って下さいexclamation×2

ガンバレ、ニッポンパンチ
posted by ジュラーイ at 23:59| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんと惜しかったね~~~~!!!
くやしくて終わってからもなかなか
寝れなかったよ・・・
望みは薄いけど、奇跡を信じるしかないね↓
とほほ。。。
いまいち今回は盛り上がりにかけますね。
Posted by てんてん at 2006年06月19日 21:58
初戦が初戦だったから、盛り上がりにくいよね。
でも、視聴率は1戦目より良かったみたい。
1戦目でも、今年のあらゆる番組の中で最高の視聴率だったのに、2戦目であっさり塗り替えたんだって(^_^;)
Posted by ジュラーイ at 2006年06月19日 23:41
日本中は期待しまくりだったからね〜〜。
あ~~~悔しい悔しい・・・
あとは阪神優勝で盛り上がるしかないかな!
Posted by てんてん at 2006年06月20日 06:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。