2006年07月01日

巨人戦@ドーム

約1ヶ月ぶりに、観戦に行って来ました。
3連戦全部行きたかったのですが、チケットが高騰していて、7月1日分は取れませんでしたふらふら

【6月30日】

20060630.jpg内野B指定席の2階席でした。
これは見やすいるんるん
ホントは1階席の後の方で見たいのですが、ドームはチケットが高いので、年間いろんな球場に20試合(その他にサッカーも行きますあせあせ(飛び散る汗))から観戦に行くボクとしては、ちょっと手が出ませんバッド(下向き矢印)
なので、いつもは安いC指定席を取って2階席の上の方で観戦しているのですが、オークションの駆け引きの関係上、この日はB指定となりました。
いつもより10数列前なだけなのですが、すごくグランドに近くなります。
でも、C指定が2,300円、B指定が3,700円なのを考えると、C指定の方がコストパフォーマンスが高いですね有料

さて、試合は11-0の圧勝でしたぴかぴか(新しい)
11点も取って、0点に抑えたのですから、言うことなしexclamation
…と言いたいところですが、あります。
それは、野手のタイムリーヒットがないことです。
30イニング以上出てないようなので、3試合以上野手のタイムリーヒットで点を取れていないのです。
ホームランでの得点と違い、タイムリーヒットで点を取るとランナーが残るので、更に相手にプレッシャーをかけることができ、大量点を取りやすいので、ここは重要ですexclamation×2
要は、「ホームランでしか点の取れないチーム」になっているということです。
「1番〜8番までホームランバッター」なんていう、どこかのチームのようなことができれば、それでもいいのかもしれませんが、普通はできませんふらふら
「まずは出塁→ランナーを得点圏に進める→タイムリーで得点」という基本の得点パターンができないと、中長期的に勝てる計算が立ちませんもうやだ〜(悲しい顔)

20060630-w.jpgところで、ボク等の前の席に露出度の高い服装をなさった、セクシーなお姉さま2人組みが座っていて、試合と同じぐらい(?)気になってましたあせあせ(飛び散る汗)
ビジター側(阪神側)だったのですが、巨人の応援をしていました。
でも、結構高い席に、セクシーお姉さんが2人でいらっしゃるという状況がいいですハートたち(複数ハート)
特に大きな声を出すわけでもなく、地味に手拍子とかして、しっとりと応援されていました。
一人は黒、一人は白というオセロみたいな組み合わせもよかったでするんるん
そして、ボクはというと、それに合わせてしっとりと応援するわけがなく、相変わらず応援バットをバンバン叩きながら大きな声で応援していたので、さぞかし迷惑だったことでしょうバッド(下向き矢印)
ゴメンなさい(*_ _)人
でも、一応ビジター側なのでたらーっ(汗)

閑話休題。
今は投手陣が頑張っているので何とか2位という地位にいますが、少し楽な試合が増えないと、投手陣の頑張りにも限界があります。
8月には『死のロード』も待っていますし…。
こういう時に有効なのが、エンドランやスクイズといった作戦なのですが、岡田野球の辞書にはそれらの言葉は載っていないようですねたらーっ(汗)
それが悪いわけではありませんし、去年と同じ様なペースで勝っている=結果を出しているので、岡田監督に着いて行くしかありませんふらふら
posted by ジュラーイ at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。