2006年07月14日

いい勝ち方☆彡

ホントに久しぶりの快勝でしたぴかぴか(新しい)
制球に苦しみながらも、首位・中日を無失点で抑え続ける先発・下柳。
打線は兄貴を中心に先行、中押しと着々と得点を重ね、棚ぼたとはいえダメ押し点を奪って突き放す、理想の展開。
相手が、できが悪かったとはいえ、今シーズン絶好調のエース・憲伸だったのも大きいし、救援の2投手からも得点できたことも収穫でするんるん

この試合、積極的な走塁が目立ちました。
ランナー1塁の場面から、シングルヒットで1塁ランナーが3塁に到達する場面が何度かありました。
5回裏無死1塁の場面、1塁ランナー藤本は、次打者・濱中のレフトへのヒットの間に好走塁で3塁に到達し、次打者・兄貴の犠牲フライで1点。
8回裏1死1塁の場面、1塁ランナー関本は、赤星の1、2塁間をバウンドで破るライト前ヒットの間に3塁に達し、次打者・藤本の時にワイルドピッチで1点。
積極的な走塁が2点を呼んでいます有料
やはり、こうした次の塁を虎視眈々と狙う姿勢は大事ですパンチ

ところで、町田が通算20本目の代打ホームランを打ちましたねるんるん
同じ年に広島に入団した兄貴が、「入れ〜exclamation」と叫んでました。
昨シーズンのGWの広島戦、町田が「幻のサヨナラホームラン」を打った試合、ボクは甲子園に観戦に行ってました。
タイガースに来てから、町田が脚光を浴びたのはあのシーンだけでしたが、八木のように『代打の神様』になれる存在だと思っていたので、今日のホームランは感激しましたもうやだ〜(悲しい顔)
今後、「切り札」として活躍して欲しいですパンチ

今季中日戦は初勝利ですが、この3連戦、何としても勝ち越して欲しいですねexclamation×2
posted by ジュラーイ at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20799446

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。