2006年08月24日

岡ちゃん辞任(´;ω;`)

20060823.jpg何とも形容し難い試合でしたね台風
ボクはタイガース同様、横浜F・マリノスを応援していますが、2連覇後、去年、今年と低迷し切っていますバッド(下向き矢印)

Jリーグ発足以降、2年連続でここまでの低迷を見せたのは初めてです。
80年代後半は、日本リーグ(=今のJリーグ)、JSLカップ(=今のナビスコ杯)、天皇杯を全て優勝で飾ること2度の無敵チームパンチ
Jリーグ発足以後も、リーグ戦日本一3度をほこり、数少ないJ2落ち未経験チームの1つで、『超名門』チームの我がマリノス。

岡田監督の去就問題も見え隠れする試合でしたが…。
この日の先発メンバー&フォーメーションは…


GK        1榎本(達)

DF    30栗原 3松田 35河合

        6上野  8マグロン

MF 7田中(隼)         5ドゥトラ

         10山瀬(功)

FW     17吉田   9久保

という感じの3-5-2システムでした。
前半気になったのは、FWへのボールの収まりが悪い点、ゲームメーカーの山瀬にボールがなかなか集まらない点、右からの攻撃、無理な中央突破が多い点でした。
相手が引いていることもあって、圧倒的に攻めていながら得点が奪えず、逆に悪い形でのカウンターを喰らい、FKのこぼれ球を押し込まれて先制点を献上。

後半開始早々から、高い位置でのボールダッシュを目指した積極的な守備が目立つ。
しかし、前がかりになったことで背後のスペースが空き、逆にピンチを迎える場面もexclamation
そんな中、点を取るべくFW坂田を守備的MFマグロンに代えて投入。
FWの吉田が1列下がって攻撃的MFとなり、1ボランチの攻撃的な3-5-2へ。
更にその10数分後、その吉田に代わり、平野。

GK        1榎本(達)

DF    30栗原 3松田 35河合

           6上野  

MF 7田中(隼)         5ドゥトラ

     10山瀬(功)  17吉田⇒13平野

FW     11坂田   9久保

それでも点が取れないため、ボランチ上野を下げて、FW大島を投入。
4バック、3トップの4-3-3に変更。
パワープレーに出ます。

GK          1榎本(達)

DF 7田中(隼) 30栗原 3松田 5ドゥトラ

            35河合
MF       
      10山瀬(功)    13平野

FW     11坂田 9久保 15大島

大島がロングボールの的としてよく機能していました。
逆に、久保は前半からほとんどいいプレーがありません。
そんな中、平野のクロスをトラップしようとした久保がファールを受け、PKわーい(嬉しい顔)
キッカーは、何とキャプテン松田がく〜(落胆した顔)
これを冷静に左隅に決めて、ついに同点ぴかぴか(新しい)
しかし、終了間際(ロスタイムだったかなexclamation&question)、CKのこぼれ球を押し込まれて逆転、ジ・エンドもうやだ〜(悲しい顔)
久保が攻守に渡り全く機能していないのと、攻撃が右に偏り、左が全然使えていないのが目に付きました。
そんなこともあって、ドゥトラがイライラして無駄なイエローを喰らったのかも知れません。

ホントにいつも同じ形で負けますね…。
1ゲームを支配しているのに点が取れず、悪い形でボールを取られてカウンターを受ける。
2セットプレー絡みの失点。
3ロスタイムでの失点。

そして、ついに岡田監督辞任がく〜(落胆した顔)
予想していたとはいえ、ショックですねもうやだ〜(悲しい顔)
やはり長期政権はマンネリ化を生むのでしょうか。
5年、10年やって欲しかった監督なので、残念です。

代わりに水沼コーチが監督に昇格。
強かった日産の中心選手で、解説者、タレントしても活躍。
今年からコーチに就任しましたが、その手腕に期待ですexclamation
posted by ジュラーイ at 03:39| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。