2006年09月05日

甲子園遠征その3

【8月31日】

20060831-6.jpg朝から六甲山に登って来ました足
ホントは夜行きたかったのですが、夜は試合で行けないので…。

阪神・御影駅から、神戸市バス16系統に乗車。
本数は結構多いです。
JR六甲道駅、阪急・六甲駅と通る内に、何やら若者がわんさか乗って来ましたあせあせ(飛び散る汗)
バスが六甲山を登り始めてしばらくすると、その理由が分かりましたひらめき
神戸大学のキャンパスがあるんですねあせあせ(飛び散る汗)

そして、バスの終点、六甲ケーブル下から、ケーブルカーで10分ほど登り、更にバスで10分ほどで「六甲ガーデンテラス」に着きますバス
ここは土産物屋や飲食店、展望台みたいなものがありますが、それ以外にもバスを途中下車するといろいろな観光施設があります。
また、有馬温泉方面にはロープウェイで行けますいい気分(温泉)

あまり時間がなかったので、景色を眺めるのと名物「ジンギスカンラーメン」を食べることに集中しました。
食いしん坊ではないのであまり味覚に自信はありませんが、結構美味しかったでするんるん
景色は…やっぱりここは夜に来る所だと思いましたバッド(下向き矢印)


20060831-3.jpgさて、下山して甲子園に向かいましたが、この日は縁日でいろいろな露店が出ていましたイベント
夏休み最後の甲子園なので、子供達がたくさん来ていて楽しんでいましたが、中には子供以上に熱くなっている大人もいましたたらーっ(汗)

この日の席はイエローでも一番アルプス寄りで、下段最後列の29段でした。
後が通路なので、立ち上がっても後の人の視界をあまり遮らないのと、柵を跨げば周りの人に「済みません」しなくてもお手洗いに立てるのが利点ですぴかぴか(新しい)

20060831-1.jpg友人から「金本の写真を撮って来い」指令を出されていたので、一番前に行って撮りましたカメラ
ついでにトラッキーと握手して来ましたるんるん
このところトラッキーは、早実の「ハンカチ王子」斎藤のパクりで、青いハンドタオルで顔を拭いたりしていますたらーっ(汗)

試合ですが、先発投手はタイガースが福原、中日が憲伸だったので、当然投手戦を予想しましたが、全くハズレでしたふらふら
序盤から最後まで、点の取り合いです野球
中日は、前日同点HRの井上をスタメン起用して、これが大当たりどんっ(衝撃)
20060831-4.jpgちょっと手が付けられない感じでしたふらふら
それと、やっぱり1、2番絡みの得点がほとんどで、ここを抑えられなかったのが大量失点の原因ですねバッド(下向き矢印)
アンディーの守りのミスも、大きかったです。

攻撃の方は粘り強く、効果的に得点できていました。
取られたら取り返すという、優勝を諦めていない気迫が感じられましたパンチ
リリーフ陣が何とか凌いでいるうちに、8回裏の濱中の逆転2ラン+鳥谷のソロHRexclamation×2
結果的に鳥谷の1発が効きましたぴかぴか(新しい)
20060831-5.jpg非常にいい流れでしたねるんるん
最後、球児が不安定でしたが、何とか1失点で切り抜けて、見事直接対決2勝1分けで終わることができましたわーい(嬉しい顔)

ここに来て打線が繋がるようになって来ましたし、投手陣も吉野に使える目処が立ちましたグッド(上向き矢印)
この試合も、天気予報に反して終盤雨が降ってきました雨
不安定な天候、予断を許さない試合展開と、しんどい3連戦でしたが、これでなんとか首の皮1枚繋がりましたるんるん

20060831-2.jpg正直に言うと、個人的には広島に3タコした時点で優勝を諦めましたが、球児の涙で「まだ諦めないぞexclamation×2」という気持ちになりました。
中日は8月下旬から息切れ気味ですが、タイガースはここへ来て上昇気流に乗っていますグッド(上向き矢印)
苦しいですが、なんとかここで踏み止まって、最後の最後に接戦に持ち込みたいところですexclamation


posted by ジュラーイ at 01:50| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。